健康 田舎暮らし

にんにく醤油の作り方 作っておくと重宝

投稿日:

にんにく醤油

とっても簡単で、とっても役に立つ「にんにく醤油」です。
ニンニクを醤油に投げ込むだけ、あとはほっとけば1週間くらいで食べられるようになります。

にんにく醤油は便利で元気

我が家では「にんにく醤油」はもっぱら調味料です。
鶏のから揚げなんかに「にんにく醤油」を使うと最高です。
ニンニクの旨みが醤油に染み出ていてコクのある料理がつくれます。
「にんにく醤油」を使った料理はクックパッドなどにレシピが沢山あるので検索してみてください。

「にんにく醤油」は調味料以外にニンニクそのものを食べても美味しいです。
もちろん、元気になります。
ニンニクを生でかじるのはちょっと考えてしまいますが、「にんにく醤油」のニンニクは美味しいです。
程よく黒みがかったニンニクは思いのほか辛味もなく、そのまま食べることができます。

にんにく醤油の作り方

作り方というほどのものでもないですが・・・。
まず蓋のしっかりしまる容器を用意します。

ニンニクは皮を皮をむいて1片づつにばらします。
皮がむけにくいときは電子レンジで1分くらい加熱すると簡単にむけるようになります。
後は皮をむいたニンニクを瓶につめ、醤油をそそいで蓋をするだけです。
1週間もするとニンニクも色づいて、ニンニク、醤油ともに食べることができます。
私は少なくなったら継ぎ足して利用しています。

色々とバリエーションがあるようです。
ニンニクと一緒に昆布を付け込んだり、山椒、紫蘇などを付け込むという話も聞きました。
ニンニクも焼いてみたり、刻んでみたり。
刻むと風味が付くのが早そうですが、ニンニクを食べる楽しみがなくなりそうですね。

田舎では昔から作られていて、先輩たちは色々と工夫しているようです。

-健康, 田舎暮らし
-

Copyright© 澪つくし.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.