ハーブ

レモンバーベナ ハーブの使い方、育て方、ハーブティの効能

投稿日:

レモンバーベナ

レモンバーベナは、さわやかなレモンの香りがする低木で、成長すると3mほどになることもあります。

フレッシュな葉でいれるハーブティは色合いや香りが素敵で人気があり、「ハーブティの大様」とも言われ、食欲増進や消化促進の作用があります。
レモンバーベナのハーブティは、フランスでは「ベルベーヌ」とも呼ばれ、食後のお茶として好まれています。

レモンバーベナの使い方

ハーブティはさわやかなレモンの香りが楽しめます。
消化促進やリラックス効果があり、フレッシュでもドライでも楽しめます。

フレッシュな葉は刻んで魚、肉料理の香り付けとして使います。
また、ハーブビネガーハーブオイルにしても良いでしょう。

レモンバーベナの葉は乾燥しても香りが長続きするので、ポプリリーズなどの材料としても重宝します。

レモンバーベナの効能

レモンバーベナは食欲増進消化促進の作用があります。
また、さわやかなレモンの香りはリラックス効果もあり、古くから薬草やハーブティとして愛用されてきました。

レモンバーベナの育て方

日当たりの良く水はけの良い場所を好みます。
寒さにはあまり強くないので室内に移すなど、霜などへの注意を行いましょう。

成長すると1mから3mほどの丈になるので、摘心して横枝を伸ばすようにすると収穫が多くなります。

最初は苗を入手した方が良いでしょう。種からも殖やせますが、挿し木で殖やすのが一般的です。
挿し木の時期は6月頃が良いでしょう。

 

-ハーブ
-

Copyright© 澪つくし.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.