焼酎

焼酎の美味しい飲み方 前割りという飲み方

更新日:

黒ぢょか

全国の焼酎ファンにお届けする焼酎の美味しい呑み方です。一般的にはお湯割りが多いと思いますが、全部をお湯割りで飲むのはもったいないです。銘柄によっては水割りが美味しいこともあります。そんなこんなをご紹介します。

基本はやっぱりお湯割り

焼酎はお湯割りという方も多いのではないでしょうか。
芋焼酎をお湯で割ると芋のフレーバーが立ち上がり、芋独特の甘味、風味も引き立ってきます。しかし、その芋の匂いが苦手という方も多い事でしょう。芋の匂いが苦手な方はお湯割りは避けた方が良さそうです。

銘柄でいうと「さつま(白)」や「玉露」、「不二才」など無骨で骨太な焼酎のお湯割りが美味しいです。どちらかと言うと白麹仕込みの銘柄が多いです。
これらの焼酎は芋の風味が強く残っている焼酎です。焼酎は製造の工程で不純物を濾過しますが、その濾過の度合いが少なかったり、場合によっては「無濾過」とうたっている銘柄などが芋の風味が強く残っていたりします。

お湯で割る度合いは好き好きですが、ロクヨンという人が多いようです。お湯6、焼酎4で25度の焼酎をわると、概ね15度くらいになるそうです。

お湯割り、ロックでお洒落に

全部の銘柄をお湯割りで飲めば美味しいかと言うとそうでもありません。飲み口のあっさりした焼酎達は水割りで飲んだ方が美味しいです。お湯割りは芋の風味を引き立たせてくれますが、水割りは焼酎そのものの味わいを楽しめます。
銘柄でいうと「魔王」や「富乃宝山」、「万膳」など都会で人気の銘柄たちでしょう。飲み口の良さが特徴の焼酎たちです。

ロックで飲むのは強い焼酎が多いです。原酒系の40度近い焼酎達です。折角の強い焼酎を割って飲むはもったいないというのが私の飲み方ですが・・・酔うのも早いです。チェイサーを用意して交互に飲んでいます。

前割りって知っていますか

一番お勧めなのですが、あまりやらない呑み方です。焼酎は基本的に燗をつけることはしません。日本酒に比べて強めなので割って飲むのが普通だからです。しかし、予め水で割った焼酎を黒ぢょかで温めて・・・つまり燗をして飲みます。前割りは予め水で割って数日寝かせます。その間に水と焼酎が混ざり合ってまろやかな味わいに変化します。
ただし、せっかちな私は前割りはあまりしません。呑みたいときに一升瓶とポットを手元に持ってくるたちです。しかし、一度試してください。かけた手間よりも、その味の違いに驚くことでしょう。焼酎ファンの中には前割りをこよなく愛する方も多いようです。

作り方はペットボトルなど密閉した容器にロクヨンなど好きな割合で焼酎を水割りしておき、時々上下をひっくり返して撹拌してやれば良いです。

お気に入りの焼酎を手に入れたら、いちど色々と呑み方を試してみると面白いです。呑み方で味が随分と変わり驚くこともあります。
呑み方によって酒器も変わってきたりします。お湯割りと水割りではグラスを変えることが多いです。前割りではやっぱり黒ぢょかとぐい飲みの組み合わせが良いです。

しかしねぇ、色々と試しているうちに酔いが回ってきて、味も判らなくなってくることも。それはそれで良い気分になるのですが。

-焼酎

Copyright© 澪つくし.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.