お金のこと

電力自由化がいよいよ始まります

投稿日:

電力自由化
いよいよ4月ですね。4月から変わることに、電力自由化があります。今までは地域の電力会社の独占していていましたが、これからは電力の購入先を選ぶことができるようになります。

私の住む鹿児島では当然ならがら九州電力から電力を供給してもらっていました。良し悪しはともかく、他に選択肢がなかったわけです。
4月からは九州電力の他に、KDDI、ジュピターテレコム、HISなどから電力を買うことが出来るようになります。

新電力会社が続々と

新電力会社は色々な業界から新規参入が続々と行われています。
ガス会社や石油会社などエネルギー系、ソフトバンク、KDDIなど通信会社、ローソンなどのコンビニ、小売り業界からの参入もあります。
加えた迎え撃つ側の既存の電力会社も新しい料金プランを発表しています。
それぞれに特色があり選択肢がふれることはありがたいことですが、その分、どの会社から電力を買うかという悩みもでてきます。

地域によって違う事情

地域によって様子が随分と違ってくるようです。東京電力の区域内では新電力会社も多く、電気料金が安くなる料金プランも打ち出されています。
しかし、私の住む九州地区は前出のように新電力会社は少なかったりします。そもそも九州電力の電気料金は東京電力などと比べると安いので、新電力会社との料金差が出にくい面もあります。

例えばソフトバンク、KDDI(au)など通信会社系の新電力会社は携帯と連携するとポイント還元などでお得感があるのですが、九州地区ではKDDIのみがサービス区域のようです。私の携帯キャリアはソフトバンクなのでメリットがでません。
九州でも電力供給予定のHISは、地域に電力会社の一律5%引きという判りやすい価格設定で魅力的です。

乗り換えは簡単

新電力会社に乗り換えるのは簡単なようです。
新電力会社に契約申し込みをするだけで、今までの電力会社の解約や必要になる機器の取り換えなどが連携して行われます。乗り換え元の会社との手続は不要です。ただ、お客様番号などが必要なので、領収書などを用意しておく必要があります。

情報収集をして賢く電気を使う

電力自由化はスタートしたばっかりです。携帯のように2年縛りなど契約期間の設定なども出て来ます。選択の幅が広がるのですが、その反面、自分のライフスタルにあった会社や料金プランを選ばないとメリットを生かせないことになります。
色々と情報収集をして、この機会を生かすようにしたいものです。

-お金のこと

Copyright© 澪つくし.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.